スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
アゲハチョウ(Swallowtail butterfly)
2008 / 08 / 28 ( Thu )
アゲハチョウ(Swallowtail butterfly)

昨日たまたま通りかかった道で

すごいものを発見bikkuri01

なんとモミジの葉に黒い何かが・・・

そこにいたのは『アゲハチョウ』!!!

しかも交尾中です。。。

激レアな瞬間です!

ageha1.jpg


ageha2.jpg


ageha3.jpg

邪魔してはいけないと思いつつも、

写真に記録させてもらいました。

限られた時間のなかでこういった子孫を残す営みに直面して、

ちょっぴり刹那さを感じました。



と、これは松阪まなび野の森での出来事ではないのですが

こういった生態系を築いていけるような森を

ぜひ創っていきたいですねっ。


このアゲハチョウの種類はクロアゲハといいます。

黒に赤い斑点が特徴で
雌の後翅の表面には美しい赤斑紋があり、
前翅は濃いグレーで少し透けてるような感じです。

3枚目写真の上部に位置するのが雌のようですね。。。

クロアゲハは秋田県、岩手県以南の日本各地のほかには
中国、台湾、ヒマラヤにかけて幅広く分布しています。
4月から10月にかけて観察されます。
年に2回ないし4回羽化します。
各地でごく普通に見られる黒い蝶です。
もちろん、狭山丘陵にもその周辺にもたくさん生息しています。
羽を動かしながら、初夏ツツジやヤマユリで吸蜜している姿を見かけます。
間近で見るとかなり大きな蝶なので驚かされます。
食草はユズ、カラスザンショウなどのミカン科の植物や
マタタビ科のキウイーフルーツです。
越冬は、蛹の状態でおこないます。
類似の蝶にはオナガアゲハ、ナガサキアゲハ、カラスアゲハなどがあります。



スポンサーサイト
13 : 16 : 35 | ラボラトリー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヘリコプター
2008 / 08 / 21 ( Thu )
松阪まなび野の森上空

ヘリコプターからまなび野航空写真を撮影しました紊?

ちなみにこちらは4月現在
航空before

8月4日現在
koukuu.jpg

koukuu02.jpg

森ゾーンはまだ寂しいかんじですが、テナント用建物は屋根も出来上がり

着々と完成に向って進んでいます鐚

上空から見ても大きいですね~絎

松阪まなび野の森が完成したら、また写真におさめようと思います。。。


ちなみに・・・

今回撮影に使用したマシーンです!
ヘリ.jpg

ところで、、、

ヘリコプターの燃料って何か知ってますか???

なにか特殊なガソリンなのかなぁ~って思っていたんですが、






「灯油bikkuri01」


だったんです・・・・

最近のヘリコプターはみんな灯油が燃料だそうです。。。

(Wikipedia参照)
ヘリコプター(英:Helicopter、(口語)Chopper)は、
航空機の一種で回転翼機に分類される。
エンジンの力で機体上部にある細長い、
ローターと呼ばれる回転翼で揚力を得て飛行する。
垂直方向にも運動が可能なため狭い場所でも離着陸できる。

日本語では「ヘリ」や「ヘリコ」とも呼ばれる。
ヘリコプターの名前はギリシャ語の螺旋(helico-)と翼(pteron)に由来する。
18 : 18 : 16 | 森づくり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ホタルの幼虫
2008 / 08 / 07 ( Thu )
スゴイことです


本日、ホタルの幼虫発見~bikkuri01

なにげに小川にある石をめくってみると

『ん!?』

なにかがモジモジ・・・。

そこにはいたんですよ!ホタルの幼虫が!!!



DSCF3395.JPG

Image648.jpg

Image651.jpg

Image659.jpg

石にへばりついていたので手にとってみました。

体長4mmくらいの元気な『ホタルの幼虫』です


産卵は確認できてなかったので、

ホタルの幼虫がいるのかどうか不安だったんですが


会えてよかったです絵文字名を入力してください


ちなみに、

ゲンジボタルの幼虫は7齢(終齢)になるまで

およそ10ヶ月(7月から4月)で6回脱皮します。

幼虫の脱皮時間は早いもので10分、

遅いもので1時間くらいかかるそうです。

1齢 1 ~1.5mm
2齢 3 ~4mm   (1回目の脱皮)
3齢 5 ~6mm   (2回目の脱皮)
4齢 7 ~8mm   (3回目の脱皮)
5齢 9 ~14mm   (4回目の脱皮)
6齢 15~20mm  (5回目の脱皮)
7齢 25~30mm  (6回目の脱皮)

現在の松阪まなび野の森で確認できている幼虫は

大きいもので4~5mmくらいなので上記にあるように、

おそらく2齢か3齢くらいまで育っています。

元気に育って、また来年心に響く光を放ってほしいものです。。。
18 : 20 : 09 | ホタル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。