スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
セミ
2008 / 07 / 25 ( Fri )
『まなび野に”クマゼミ”がたくさんいるぞ~』

と連絡あり。。。

早速、STAFFとまなび野へセミの写真を撮りにいったんですが、

『えっ、一匹もいない!』

鳴き声すら聞こえません。。。

お昼前だったんですが、おそらく気温が高すぎたのでしょう。

セミの姿が確認できませんでした。残念

明日、出直そうということになり、

帰ってからネットでクマゼミの検索!!!

【鳴く時間帯はおもに日の出から正午までの午前中で、
日が照って温度が上がる午前7時頃から午前10時頃まで
最もさかんに鳴く。】


だそうです。


そこで今日の9時頃まなび野到着!

めちゃ鳴きまくってます。

飛び回ってます。

数十匹・・・いや百匹くらいいるかもしれません。



ここであることを発見bikkuri01

セミの位置です!

なぜかみんなが木の影にいるんです。

暑さをしのぐ為なのでしょうか誰か教えてください。。。


だんだん森っぽくなってきてビオトープを感じられますね~



かなり至近距離で撮ったんですが逃げません・・・
DSCF3292.JPG


DSCF3294.JPG


鳴き声聞いてください。。。


(Wikipedia参照)
クマゼミ(熊蝉)Cryptotympana facialis は、
カメムシ目(半翅目)・ヨコバイ亜目(同翅亜目)・セミ科に分類されるセミの一種。
西日本を含む東アジア亜熱帯域に分布する大型のセミである。

外観
成虫の体長は60-70mmほど。アブラゼミやミンミンゼミにくらべて頭部の幅が広い。
日本産のセミの中ではヤエヤマクマゼミに次いで大きな体をしている。
翅は透明で、背中側はつやのある黒色だが、腹部の中ほどに白い横斑が2つある。
また羽化から数日までの個体は、背中側が金色の微毛で覆われる。
腹部は白、褐色、黒の組み合わさった体色で、オスの腹部には大きな橙色の腹弁がある。
スポンサーサイト
10 : 02 : 47 | ビオトープ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
実験
2008 / 07 / 23 ( Wed )
前々からになっていたこと・・・。

遮光性75%の黒いシートで覆っている『ホタルの家』に入るたびに体感してました!
中に入ると『ひんやり』と涼しくて気持ちいい~絵

そこで実験です!


外の気温と中の気温を比較してみました。

まず外の気温
DSCF3273.JPG
DSCF3274.JPG

39℃bikkuri01
ヤバくないですか?熱中症注意ですね!

つづいて中の気温
DSCF3275.JPG
DSCF3277.JPG
36℃でした。。。

その差3℃!!!  

おそるべし遮光シートです。。。

3℃でここまで涼しく感じれるんですね~!

例えば、40℃のお風呂を43℃にしたら熱くて入ってられないですよね!

これでエアコンの設定温度にも気を付けられそうですbikkuri01

ECO
しましょう絵

このような原理で、昔から窓際にすだれを立てかけ光を遮ることによって

家の中の温度上昇を防いでいたんですね~。

昔の人の知恵って流石だと思います。





番外編・・・

車の中に温度計を置きざりにしてたところ
DSCF3270.JPG
DSCF3271.JPG

50℃を軽く超えまして・・・温度計がぶっ壊れました。。。




14 : 56 : 04 | ラボラトリー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
テナント用建物
2008 / 07 / 02 ( Wed )
テナント用の建物がリアルタイムで進行中・・・


基礎立上り部分完成してます。

本日型枠の脱型してました!

きれいなコンクリートしてますね~上

DSCF3196.jpg
15 : 55 : 08 | 森づくり | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。